女の人

業務効率を向上!グループチャットなどで1日の予定を把握

スケジュールの共有

社内

スケジュール管理が必要

会社では日々様々な種類の打ち合わせやミーティング、会議が行われます。そういった際に頭を悩ませるのがスケジュール調整です。特に部長クラスの人が会議に参加する場合、先に重要会議でスケジュールが埋まってしまっているケースがあります。ただしそういったことをいちいち確認してから日程を決めていると、非常に時間がもったいないです。従って社員の数がある程度多い場合、社内のITを使って個人個人のスケジュールを全社員が共有できる体制が望ましいと言えます。システムさえ作ってしまえば運用はさほど難しいものではなく、社員は決まった日程をシステムに打ち込めばいいのです。全社員が自由に閲覧できますので、それをもとに日程調整ができます。

主要人物の日程だけ押さえても構わない

また、社内会議では必ず打ち合わせに出席が必要な人と、あくまでも準構成員程度でいいという人がいます。仕事のかかわり具合によって会議ごとの主要人物が決まりますので、共有されたITシステム内のスケジュールを確認し、主要な人のスケジュールを見て人手を決めるということでもよいのです。また、スケジュールの共有は管理職である課長や係長にとっても助かります。出張の多い営業職のような場合、社員が今どこに行っているのかが即座に分かりますし、先々で打ち合わせをしたい場合も、全課員が空いている日を早めに設定して日を開けてもらうように依頼することも可能だからです。スケジュールの共有化は会社の業務をスムーズに回すことができる利点があります。

予定を共有しよう

スケジュールの共有化をすれば、社員が1日どんな動きをするのかを把握しやすくなるでしょう。しかし、予定を把握していたとしても、ビジネスでは急遽予定が変更する場合があります。柔軟に対処するには、グループチャットが役立ちます。グループチャットを導入すれば、急なスケジュール変更をすぐに通知できるので、予定を組みなおしやすくなります。

実施方法

オフィス

ストレスチェックは年に1回行うことが決定しましたが、実際にはどのような流れで行われていくもので、どのような準備が必要になるのでしょうか。チェックフローについて簡単にですが紹介します。

もっと読む

経費精算の進化

電卓

経費を精算するには領収書が必要になります。この領収書を経理などに提出することで経費の精算が可能で、最近ではこの領収書を必要としない法人カードや限定的なクレジットカードを支給する場合もあります。

もっと読む

人事管理システムとは

ネット

人事管理システムを有効的に活用するにはある程度の起業としての規模が必要です。一般的には300億円を越えた当たりになると有効的に活用できると言われています。システム化することで管理がし易い利点があります。

もっと読む